ロト6予想【数字の相性だけで判断は危険!?】

ロト6 予想 数字 相性

「ロト6、ロト7の数字どれにしようか・・・」
ロト6は43個の数字から、ロト7は37個の数字の中から
好きなものを選べるわけですが、アレって結構悩みませんか??

巷ではロト6の数字には相性があるとかないとか言われていますが、
これって本当なのでしょうか!?

正直僕は数字の相性とか信じませんよ!w

なぜかって??
一応僕なりの考えがあるからです。

そこで今回は『ロト6の予想!数字に相性があるっていうけど、実際どうなの??』と題して、ご紹介していきたいと思います!

それではどうぞ!

 

スポンサーリンク

ロト6の数字に相性?コレってどういうことなのか?

「ロト6の数字に相性?」
中には初めて聞いた人もいるかもしれませんね。

まず初めにどういうことか説明しておきましょう。

ロト6はかれこれトータルで
1000回以上実施されてきているわけですが、

その中で、
「この数字とこの数字はよく一緒に出るな!」
という数字がわかっています!

 

例えば、
過去一番相性の良いとされている数字は
『5』と『39』

逆に過去一番相性の悪い数字は
『24』と『30』です。

 

他にも過去に相性が良かった数字をランキング形式にして、
公表しているものもあったりしますので、
気になる方は検索してみてください。

実際、
このロト6の数字の相性で予想を立てる人も多くいます。

が・・・しかし!!

僕はこの数字の相性で予想を立てることを良しと考えていません。

そもそも数字の相性とかないと考えています。

なぜかって??

大数の法則』ってご存知ですか?

 

スポンサーリンク

確率論の極限定義!『大数の法則』とは??

『大数の法則』とは、
確率論を考える上でしっかり把握しておかなければならない法則です。

wikiペディアとかで見ると難しいように書かれているのですが、

 

要は!

数多くの試行を重ねると事象の出現回数が理論に近づく』ということ。

もっとわかりやすく説明すると、

例えば!

サイコロの出目の確率はそれぞれ1/6ですよね?

でも6回サイコロを振っただけだと、
それぞれの数字が1回ずつ出るっていうことは、
まぁなかなかないですよね。

しかし!サイコロを振る回数が6回とかではなく、
例えば6万回だった場合、
それぞれの出目の出現回数は限りなく1000回に近づくということです!

『大数の法則』はどんな確率の話にも当てはまります。
なので、ロト6、ロト7も例外ではありません。

仮にロト6の数字の相性通り買って当選するのであれば、
みんな当選していますからね。

 

ロト6が不正に抽選されている可能性があるということであれば、
数字の相性どうこうの話もあったりするのかもしれませんが・・・

まぁ、それはないでしょう!w

 

スポンサーリンク

まとめ

ロト6の予想!数字に相性があるっていうけど、実際どうなの??』ということで、
ご紹介してきました!

数字の相性を信じる信じないは人それぞれですが、僕の考えはこんな感じです。

ご紹介した『大数の法則』からすると、
もしかしたら今まで出現回数の少なかった数字や相性の悪かった数字が今後盛り返してくるかもしれませんね!

そういう使い方であれば、数字の相性のまとめとかも参考にしても良いのかもしれません!

でも、極論!ロト6は自分の想いのこもった数字を選ぶ方が当たった場合も嬉しいですし、外した場合も納得感があります!

これからもロト6ライフを一緒に楽しみましょう!
それでは!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です