【公務員に転職したい20代後半の女性へ】諦める前に知っておくべきこと

公務員 転職 女性 20代後半

20代後半にもなると今後のキャリアについて考える時期がありますよね?特に女性は結婚や出産などライフイベントも多い時期でもあります。

今の仕事のままでいいのか?
結婚、出産後も今の会社で働くことができるのか?
もっと安定した収入、福利厚生のある会社で働きたい・・・

こういった考えから、
公務員を志そうと考える人も少なくないのかもしれません。

公務員への転職を20代後半の女性でも目指せるものなのか?

キャリアカウンセラーである僕の意見を書いてみました!

公務員を志している女性の方、是非読んでみてください!

スポンサーリンク

20代後半??諦める必要は全くなし!

女性で20代後半、公務員を目指すのは無謀なのか?

公務員試験と言えば、
一般的に試験が難関だというイメージがあります。

実際のところ・・・
難関です!

倍率で言うと、
地域や職種にもよりますが、20倍から100倍近いところも。

20代後半という年齢であれば、
新規での採用枠の制限内であるところもあるし、
中途枠であれば、全く問題のない年齢です。

実際知り合いが兵庫県の市役所で働いていますが、
20代後半の社会人経験者が中途で入ってくると言っていました。

なので、
全くもって問題ありません!

思い立ったらすぐ行動です!
公務員』とひとくくりに言っても、種類は様々

市役所職員、警察官、公立の学校の先生などの
地方公務員なのか。それとも国家公務員を目指すのか。

女性に人気の職種で言えば、
市役所の職員都道府県庁の職員保育士省庁の職員があります。

興味のある職種を絞り、まずは年齢制限を確認しましょう!
中途採用であれば、社会人経験が何年必要かということも確認しておきましょう!

これで目標は明確になりました!
あとは試験対策です!!

 

難関試験、突破できる気がしない・・・

公務員になるのは難しいことではありません。
ようは試験に合格すればいいだけです!

「そんなことはわかっている!」
「その試験が難しいんじゃ・・・」

という声が聞こえてきそうですが、
試験を突破するのは難しいです!

でも難しいのはみんな同じです。
努力せずに諦めるのは早いですよ!

誰かが受かるんだから、あなたが受かる可能性もあるのです!

 

ようはどれくらい本気で公務員になりたいと思っているか。

20代後半で公務員を目指す。
僕は全然遅くないと思っています。

大事なのは、
どれくらい本気で公務員を目指すのか
ということです。

20代後半となると、
年齢制限もあるので受験できる回数は限られてきます。

なので、
夜遅くまである仕事をやりながら試験勉強というのは、
あまり現実的ではないです。

生活の優先順位を試験対策を1番とし、
スキマ時間で仕事をする方がいいでしょう。

 

合否を分ける公務員対策の予備校

自分でテキストを買って、
受験対策勉強をするのは非効率です。

あとがない20代後半という年齢を考えれば、
予備校には必ず通いましょう!

予備校はたくさんあるので、
地元で評判の良い学校を探しましょう!

周りに公務員の人がいれば、
どこで勉強をしたのか聞いてみるのもいいですね!

スポンサーリンク

最後に

繰り返しになりますが、
20代後半という年齢は決して遅くはないです。

一番大事なのは、
本気で公務員を目指すかどうかです。

本気で目指すとなると、
友人と遊びに行く時間や飲みにいく機会を
減らすことになるかもしれません。

しかし、後のない20代後半であれば、
それぐらいする価値はあると思います!

この生活が一生続くわけではありません!
一発で合格すれば、1年だけこういう生活が続くだけです!

長い人生で、
このような瞬間があってもいいのではないでしょうか?

一般的に男性より女性の方が根気があるといいます!
頑張ってください!

諦めたらそこで試合終了です!
それではまた!

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です