宝くじ【1等確率比較!】種類別に見るとスクラッチやジャンボよりも高いのはコレ!

宝くじ-確率-比較

宝くじの当選確率と言えば、

「海で泳いでいる時にサメに襲われる」
「隕石がまさかの直撃!」
などなど、
起きることがないに等しいぐらいの確率だとよく言われますよね^^;

でも毎回当たっている人は日本のどこかにいるのです!!
羨ましい!w

今回は、そんな宝くじの中でもどの『宝くじ』が一番当たりやすいのか徹底調査してみました!
宝くじの当選確率をいろんな角度から比較して見ましたよ!!

ジャンボ宝くじ、ロト6、ロト7、スクラッチ宝くじ・・・
4つまとめて調査した結果はこちら!!

それではどうぞ!

 

スポンサーリンク

ジャンボにロト6にロト7、スクラッチまで!!当選確率徹底比較!!

一口に宝くじと言っても、

年末ジャンボ宝くじ、サマージャンボ、オータムジャンボ、グリーンジャンボ・・・

そしてロト6、ロト7、ミニロト、スクラッチ・・・
などなど!

今ではたくさんの種類の宝くじがあります。

そんな宝くじですが、

いったいどの宝くじの当選確率が高いのか!?また低いのか!?!?

これで一目瞭然です!

 

ジャンボ宝くじの1等当選確率はコレ!

まずはおなじみジャンボ宝くじ。

『宝くじ』と言えば、真っ先にジャンボ宝くじをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

そんなジャンボ宝くじの1等当選確率は・・・

1000万分の1と言われています!

1000万分の1・・・

あまりピンとくる数字ではありませんよね。

しかも最近の年末ジャンボ宝くじとかだと、1等の当選確率は2000万分の1だったりします。
もはや当たるのか当たらないのか、よくわからない確率ですよね。

あの東京ドームの収容人数が45,000人。

つまり、東京ドーム222個分の観客の中から、
ジャンボ宝くじの1等に当選するのは1人だけ!

そう思うと・・・

買う前に1等の当選を諦めたくなりますね。

とんでもない確率だー!!

宝くじ【日本で当たったヒトの人生】億万長者の先にある意外過ぎる現実とは!?

2015.12.08

 

ロト6の1等当選確率はコレ!

続いてロト6。

ロト6の1等当選確率は、610万分の1。

「おっ!ジャンボ宝くじより当たりやすいじゃん!」
と思う人もいるはず。

そうです!

ジャンボ宝くじと比べると、
ロト6の方が億万長者になれる可能性が高いのです!

ロト6【高額当選者の買い方】クイックピックにもちょっとしたコツがあった!やらないと損!

2015.12.10

 

ロト7の1等当選確率はコレ!

ロト6の兄弟分、ロト7。

ロト7はやっぱり当選確率は低くなりますね。
1等当選確率は1029万分の1と言われています。

なんと!

ジャンボ宝くじよりも当たりにくい・・・

でも!

ジャンボと違い、自分の選んだ好きな数字が当選に直結する面白さはやっぱりロト7の方が上ですね!

 

ミニロトの1等当選確率はコレ!

続いてミニロト。

ミニロトは、『ロト』の中では一番当選確率が高いです!

17万分の1。

17万・・・という数字も確かに大きいのですが、
他の宝くじの当選確率があまりにも絶望的な数字なので、

「ミニロトなら1等が簡単に当たりそう!」
と、勘違いしてしまいそうです。。

僕だけかもしれませんが・・・

 

ナンバーズ3の1等当選確率はコレ!

続いてナンバーズシリーズ!

まずは、ナンバーズ3です。

ナンバーズスリーのストレート当選確率は、
1000分の1。

こう見ると、ナンバーズには十分チャンスがありそう!

 

ナンバーズ4の1当選確率はコレ!

僕はあまり買いませんが、
ナンバーズ4!

ナンバーズフォーの1等当選確率は、

1万分の1の確率でストレートが当たると言われています。

ナンバーズ3とナンバーズ4では、
10倍の違いがあるんですねー。

それでも、ジャンボやロトよりも当たりやすい!!

 

スクラッチの1等当選確率はコレ!

スクラッチはちょっと特殊で、当選金額によって確率も違ってきます。

1等1000万円のスクラッチ宝くじであれば、
1等当選確率は100万分の1。

1等100万円のスクラッチ宝くじでは、
1等当選確率は12万5千分の1。

スクラッチ宝くじは僕も好きでよくやっています。

手軽に買えて、且つ当選確率が高いのが魅力的ですね!

【スクラッチ宝くじの当たる方法】高額当選者が実践している◯◯買いとは!?

2015.12.10

 

結局どの宝くじがオススメなのか!?

「宝くじやロト6の当選確率をただ並べられても・・・」
「結局どの宝くじがオススメなの??」

という声が聞こえてきそうですね。

なので!

『確率』ではなく、『リターン』という観点で見ていきましょう。

ここでは、億万長者を目指すことを前提にしています。
つまり、『1億円』を当てるためにはいくらの投資金額が必要なのか!?

これらをまとめて見ました。

ジャンボ宝くじの場合で考えると・・・

まずは、ジャンボ宝くじです。
1等5億円を当てようとすると・・・

30億円の資金が必要となってきます!
あくまでも理論上ですが、30億円というお金を準備することができれば、1等5億円はかなりの高確率で当選するんです!

ちなみに2000万分の1の確率だと、倍の60億円必要ということになります。

ただ・・・

銀行で30億円、60億円も借りれないかなーw

 

仮にお金を借りることができて、60億円分の宝くじを買って、1等が当選したとしても、莫大な借金が残ってしまいますね(^^;;

他の宝くじだと・・・

ご説明した通り、他の宝くじも計算して必要投資金額を算出することができます。

ドドっと見ていきましょう!

 

・ロト6の場合

1等4億円を当てるためには12億2千万円のお金が必要です。
1億円換算で約『3億円』ということです。

 

・ロト7の場合

1等8億円を当てるには、30億8千万円が必要です。
1億円換算で4億円が必要ということですねー。

 

・ミニロトの場合

1等1000万円を当てるためには3400万円が必要です。
1億円換算だと、この10倍必要なわけですから、
3億4千万円ということになりますね。

 

・ナンバーズの場合

ナンバーズ3は小さい金額なので、ナンバーズ4で考えてみましょう!

ナンバーズ4の1等90万円を当てるためには、
200万円が必要となります。

なので、1億円換算だと、
111回も1等に当選する必要があります。

つまり、22億円必要ということです。

こうやって見ると、
ナンバーズは億万長者を目指す宝くじではないですね。

・スクラッチ宝くじの場合

1等1000万円で考えていきましょう。

1等1000万円を当てるには2億円が必要な計算になります。
この10倍必要なわけですから、20億円の計算になりますね。

これまた大きな数字・・・

スポンサーリンク

まとめると!!

こうやって並べて見ると、宝くじにはそれぞれ役割があるのがわかりますよね!

ナンバーズやスクラッチ、ミニロトは億万長者を目指すための宝くじではない!!

みなさんご存知でしたか!?w

なんとなくわかっている人も多いとは思うのですが、
数字にして表すと、わかりやすいですね!

億万長者を目指すなら、
『ロト6』が一番効率が良いということがわかりますよね。

でもまぁ、ロト6はキャリーオーバーの状況、当選人数によって条件も変わってはきてしまいますが・・・

でも!

個人的にもやっぱりロト6は大好きですね!

一番リターンの条件も良く、且つ自分で好きな数字を選ぶことができる!!

ロト6は宝くじの中でもやっぱりオススメ!

 

是非参考にして見てくださいねー!

スポンサーリンク

【金運を上げる方法】風水的に財布は金色がイイは間違い?このカラーがオススメ!

2017.04.30

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

4 件のコメント

  • 古い記事にコメントするのは申し訳ないのですが、
    下記の文章に誤りがあります。

    ジャンボ宝くじの場合で考えると・・・

    まずは、ジャンボ宝くじです。
    1等5億円を当てようとすると・・・

    300億円の資金が必要となってきます!
      ↑
    1等当選確率が1000万分の1なので(最近の年末ジャンボだと2000万の1ですが)
    1000万枚×300円=30億円となります。

    • コメントありがとうございます!
      確かにおかしいですね!w 計算間違いしていました!
      修正いたしましたー!
      今後とも当ブログをよろしくお願いします。

  • 『ジャンボ宝くじの1等当選確率はコレ!』
    のところに、「1000分の1」とありますが、桁が間違ってませんか?/笑

    • 通りすがりの者さん

      ご連絡ありがとうございます!間違えておりましたので、修正いたしました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です