沖縄お土産【2017年はこの食べ物が激アツ!】5つ厳選!!

沖縄 お土産 食べ物 2016

沖縄のお土産業界の売上は好調なんでしょうね!

2015年度の沖縄への観光客数は、前年度の700万人を超えるペース。
2016年度も増え続けました!!
2017年ももちろん・・・
沖縄のお土産業界が潤っていないはずがない!

2017年の沖縄お土産業界はどうなるのでしょうか?
毎年新商品の食べ物が発売されたり、
今までと違ったお土産が注目されたりと、
日々変化している沖縄お土産業界。

そこで今回は、
2017年 沖縄のお土産(食べ物)はこれに注目!
ということでご紹介したいと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

2017年はこの沖縄お土産がアツい!(食べ物編)

沖縄在住大阪人の僕の視点で、
2016年にこの沖縄お土産(食べ物)はアツい!
と思うものを5つピックアップしました。

それではご紹介していきたいと思います!

 

1. ナンポーのべにいもたると (ナンポー通商)

沖縄 お土産 食べ物 2016
出典:http://bluesky.jalux.com/oka/detail/4522814000664.html

“元祖”の方ではありません。
2017年はナンポーの『べにいもたると』がアツい!

元祖紅いもタルト』と『ナンポーのべにいもたると』。
実は御菓子御殿とナンポー通商は
裁判で争っていた経緯も・・・。

今は御菓子御殿の『紅いもタルト』が
圧倒的な地位を確立しているものの、
2017年はこの勢力図に変化が起きるの可能性が!?

実は、
原材料の高騰を理由により、
御菓子御殿の紅いもタルトの1箱の入数に変更がありました!
沖縄 お土産 食べ物 2016
出典:御菓子御殿ホームページより

一方、ナンポーのべにいもたるとは1箱あたりの入数は以下の通り。(2015年11月時点)

  • 6個入 → 600円(税抜)
  • 12個入 → 1000円(税抜)
  • 18個入 → 1500円(税抜)

 

なんと!
1箱1000円のものに関しては2個
1箱1500円のものに関しては3個
ナンポーのべにいもたるとの方が多く入っている!!

やっぱり同じ値段、同じ紅芋タルトを食べるなら、
多く入っている方を選びませんか??

大阪人の僕としては、同じ値段なら量の多い方を選びますね!
みなさんはどうでしょう!?

2016年以降、紅芋タルトの勢力変化に注目です!!
2017年もきっと美味しいんでしょうね^ ^

基本情報

  • 名称:ナンポーのべにいもたると
  • 販売場所:お土産各種販売店
  • 価格:6個入600円(税別)、12個入1000円(税別)、18個入1500円(税別)

 

2. 豆腐餻(よう)モダン

沖縄 お土産 食べ物 2016
出典:http://www.interlink-okinawa.com/tofu-yo/

沖縄を代表する発酵食品「豆腐よう」。
2015年11月、
沖縄県庁前に沖縄初の豆腐よう専門店
龍(たつ)の蔵県庁前店』がオープンしました!

こちらで販売されている豆腐ようモダンは、
「豆腐ようを食卓へ」をテーマに琉球、中華、洋風の3種類をラインナップ。

 

それぞれの料理に合うようにごま油やニンニクなどを
豆腐ように組み合わせています。

こちらの豆腐ようは鍾乳洞で熟成させており、
従来の豆腐ようにない風味が特徴。
舌にのせると、まるでチーズを食べているかのように
旨みが口の中にフワァっと広がります!

今まで飲んべえ達の酒のあてとして食されてきた豆腐よう。
2016年はお土産の品としても人気を博しました。
2017年ももちろん大人気となることでしょう!

基本情報

  • 名称:豆腐餻(よう)モダン
  • 販売場所:龍(たつ)の蔵県庁前店
  • 価格:1個1500円(税込)、3個セット5000円(税込、きり箱入)

 

3. うずまきパン (まるそうパン)

top
出典:http://www.dee-okinawa.com/topics/2015/07/uzumaki.html

2015年1月
宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の開通により、
ついにベールを脱いだまるそうの『うずまきパン』。

正式名称は『うずまきサンド』。
しかし、地元伊良部島、そのとなり宮古島では、
その昔からうずまきパンという愛称で親しまれています。

伊良部大橋の開通により、
より多くの観光客が伊良部島に渡るようになって、
うずまきパンの美味しさにやみつきになるのは、
時間の問題かもしれません。

うずまきパンと言えば、
口に頬張ったときの砂糖のジャリジャリ感
甘すぎないクリームをやさしく包むパンの生地は、
柔らかすぎず絶妙な弾力。

何度の食べたくなるような、昔ながらのパンです。

僕の一押しの食べ方は、トースターでのちょい温め。
砂糖が溶け出し、パン生地が少しカリッとするのがうまいです!

今では一部沖縄本島でも流通し出しているとのこと。
見つけたら絶対買いですよ!

基本情報

  • 名称:うずまきサンド(まるそう)
  • 販売場所:伊良部島、宮古島、一部沖縄本島
  • 価格:1個150円(税抜)

 

4. 新垣ちんすこう

tinsukou_arakaki_title
出典:http://www.okinawajoho.jp/shokuhin/kasi_tinsukou_arakaki.html

沖縄の銘菓「ちんすこう」。
最近ではいろんなレパートリーのちんすこうが販売されていますが、
2016年は一周回って、ベーシックなちんすこうがアツかった!

2017年もこの流れは続くはずです。

琉球王朝時代からその味を受け継いできた、歴史ある『新垣ちんすこう』。
地元の人、沖縄ツウの人に言わせると、
一番旨いちんすこうは『新垣ちんすこう』と声を揃えるほど。

口に入れた瞬間に広がる独特の香り。
混じりっけのない素朴な甘さ。

一本ずつ味わって食べたくなる、昔ながらのちんすこうです。

基本情報

  • 名称:新垣ちんすこう
  • 販売場所:国際通り牧志店 他
  • 住所:沖縄県那覇市牧志1-3-68
  • 営業時間:9:30~21:00
  • 定休日:1月1日、2日
  • 電話:098-867-2949
  • 価格:6個入324円(税込)〜

 

5. 紅芋とちんすこうのフローズンちいずケーキ

沖縄 お土産 食べ物 2016
出典:https://www.facebook.com/OkinawaLikes.jp/

Web製作会社が手がけたスイーツ
紅芋とちんすこうのフローズンちいずケーキ』。

県産紅芋を100%使ったフローズンチーズケーキ
それを塩ちんすこうで大胆にもサンド。
サクっと感とシャリっと感、
2つの食感が頬張るたびに口いっぱいに広がります!

Web製作会社が作ったとは思えない美味しさです!

そして面白いのがココ!
このお菓子、今現在ネット通販でしか買えないんです!
ここが2016年一押しのポイント!

沖縄に行く前に注文し、帰ったころにお土産が届く!
沖縄の時間をフルに遊ぶことも可能にする
新しいお土産の買い方。

2016年、お土産業界に新しい風を起こしました!
まだ食べたことのない人は必食ですよー^ ^

基本情報

  • 名称:紅芋とちんすこうのフローズンちいずケーキ
  • 販売場所:沖縄特産品本舗 (http://www.oki-toku.com/)
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 電話:0120-097-828
  • 価格:6個入1800円(税込)

スポンサーリンク

まとめ

2017年に注目の沖縄のお土産(食べ物)をご紹介しました。

僕自身が沖縄に住んでいて、今気になって仕方がない
お土産を5つピックアップしました!

ご紹介した5つのお土産の中から、
2017年に爆発的ヒットをする商品がでてくるかもしれません!
要チェックしておいてくださいね!

2017年も沖縄盛り上がっていきますよー!

 

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です