競馬でまさかの税金!?【年間いくらから納税が必要?】計算方法アリ!

競馬 税金 年間 いくらから 計算方法

競馬・・・

沖縄に来てからはネットで馬券を購入し、テレビで応援する生活スタイルになりました。

沖縄に来てきてからも、
年間の楽しみと言えば宝くじと競馬ですね!

ところで、
宝くじの当選金には税金がかかりませんが、
競馬で儲かったお金には税金はかかるのでしょうか?

「競馬で税金!?」
「年間でいくらから税金取られるとかあるの?」
「競馬の税金の計算方法とかもあったりして・・・!?」
このような声が聞こえてきそうですね!

そこで今回は、
競馬の税金年間いくらから?計算方法は?と題して、
僕が調べたことをご紹介したいと思います。

宝くじは非課税・・・
競馬は課税!?

スポンサーリンク

『競馬』に関する税金について!

まず初めにみなさんに残念なお知らせが・・・
宝くじは非課税ですが、

なんと!!

競馬の払戻金には課税されます!!

「え!?今まで払ったことないけど!」
「確定申告していないといけなかったの!?」と思われた方、
実は当選した人全てが課税されるというわけではないんです。

競馬の税金には条件があります。
順に見ていきましょう!

 

年間当選金が◯◯円を超えると・・・

実は、
競馬の払戻金が年間50万円を超えると一時所得の申告対象になります。

そもそも一時所得には課税されるものと課税されないものがあって、
競馬の馬券の払戻金
競輪の車券の払戻金、
懸賞の賞金などは課税対象です。

一方、
宝くじの当選金や奨励金のようなものは、
非課税扱いとなります。

しかしながら、
宝くじでもそうですが、
年間50万円を超える当選金というのも
なかなかあることではないですよね。

なので、
今まで気にしてきた人も少なかったはず。

でも、ふと競馬で高額の払戻があったとき、
税金のことを知らずに確定申告していなかった場合、
税務署に指摘される対象となります!
やはり注意が必要です!

 

一時所得の計算方法は・・・

競馬の払戻金は『一時所得』に該当します。

一時所得の計算方法はというと、
こちらです!

一時所得の金額=(総収入金額−その収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2

となっています。
特別控除50万円」を差し引くことから、
50万円までの払戻金には課税されないということなのです。

ただし!
ここでも注意があります。

ハズレ馬券は「その収入を得るために支出した金額」に含まれません。

ですので、
「ハズレ馬券は経費だ!だから控除しろ!」
なんてことはできないのです。

競馬好きには残念すぎる話ですよね。

なので、競馬は、
「儲かったら税金払えよ!」
「馬券外したら、それは我慢しろよ!」
という強気のスタイル!

宝くじの手厚さとはちょっと違いますね。

スポンサーリンク

まとめ

競馬の税金年間いくらから?計算方法は?』ということでご紹介してきました。

競馬の払戻金は税金の対象と知らない人もまだまだ多いです。

知らずに大金が当たった場合、税務調査の対象になります。
「知らなかった」では済まされませんからね!

注意してください!

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です