競馬を3連単で攻略!【『流し』の買い方徹底解説!】

競馬 3連単 流し 買い方

競馬で一番夢のある買い方『3連単』。

3連単は当てにくい分、当たれば万馬券になる可能性の十分にある買い方です。
3連単・・・当たればデカイ!!

競馬で馬券の買い方には多くの種類がありますよね。
単勝、複勝、馬連、馬単、3連複、3連単、ワイド・・・
などなど、
競馬を始めた頃は覚えるのも大変でした。

その他にも
ボックス、フォーメーション、マルチ、流し、
という購入方法もあります。

もう訳がわかりません・・・

今でこそ全てわかりますが、
競馬を始めた当初は全く分かっていなかったです。

でも3連単を買う人は『流し』は覚えておきたい!
3連単を買うときに『流し』がどういう買い方なのかわかっていると、
3連単をより楽しむことができますよ!

そこで今回は、
競馬の買い方『3連単を流し』で買う!」についてご紹介したいと思います!

知らない人は確実に覚えておきましょう!
それではどうぞ!

スポンサーリンク

3連単で馬券を買うなら押さえておきたい買い方『流し』

3連単を『流し』で買うとはどういうことなのでしょうか!?

と、その前に!
まず3連単とは何なのか??

3連単とは、
1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通り当てる馬券の買い方です。

1着から3着までを当て、しかもそれが着順通り!!

ご察しの通り、
3連単は、なかなか当たりにくい馬券の買い方でもあります。

3連単を一口だけ買ったりしても、
まー、当たりませんっっ!!

僕自身が実証済みです。w

でも、ようは何口も買えば3連単を当てる可能性も高くなります。

そんなときに覚えておきたいのが『流し』での買い方なのです!

 

『流し』とは・・・

『流し』とは、
軸馬と相手馬を決め、
軸馬から選んだ全ての相手馬との組み合わせを購入する馬券の買い方
です。

言葉だけでは、いまいちピンときませんよね!
具体的に見ていきましょう!

例えば、3連単を買うとき、
軸馬を、相手馬を③④⑤⑥と選んだとします。

番の馬は間違いなくこのレースでは1着になるはず!」
「あと来そうなのは③④⑤⑥だが、どうしよう・・・」
まさにこのような心境のときです!

この場合、3連単を流しで買うと、
-③-④、-③-⑤、-③-⑥、
-④-③、-④-⑤、-④-⑥、
-⑤-③、-⑤-④、-⑤-⑥、
-⑥-③、-⑥-④、-⑥-⑤、
の計12通りを買うことになります。

どうですか?
番1着を軸に、選んだ全ての相手馬との組み合わせを購入しています。
これが『流し』です!

 

3連単の『流し』の種類

3連単で『流し』で買うとなると、いくつかの種類があります。
ご紹介していきましょう!

1頭軸流し

1頭軸流しとは、
1着になる馬1頭を軸馬とし、相手馬との組み合わせを買う買い方です。
上記の例が1頭軸流しの買い方になります。

 

2頭軸流し

2頭軸流しとは、
1着と2着になる馬を固定し、3着を全ての相手馬の組み合わせで買う買い方です。

先ほどの例でいうと、
「1着は①、 2着は③で間違いない!あとは3着・・・」
このように考えている場合、2頭軸流しが効果的です。

①-③-④、①-③-⑤、①-③-⑥、
この3通りのみを購入すれば良いのです!

総流し

「1着はこの馬で間違いない!」
「2着以降は・・・わからない!全部買っちゃえ!!」
これがいわゆる『総流し』という買い方です。

12頭走るレースであれば、1着を決めている馬にし、
2着、3着を出走馬全ての組み合わせで買う買い方が『総流し』です。

当たる確率は上がりますが、出費がかさみます・・・

 

こんなときにこそ『流し』で買う!

『流し』について理解していただけたと思います。
では、どんなときに使えば良いのでしょうか!?

  1. 3連単で1着に堅い馬がいるときに、固定して買いたい!
  2. ボックスだと買い目が多すぎる、1頭軸馬にして点数を減らしたい!
  3. 3連単で単勝2倍以下の人気馬がいるとき、絡めて高配当を狙いたい!

このようなときにこそ流し』の出番です!

スポンサーリンク

まとめ

競馬の買い方『3連単を流し』で買う!」についてご紹介しました。

流しはボックスよりも買い目を減らすことができるので、効果的です。

自分の基準の買い目を持ち、
「流し」を活用し、
効率よく馬券を買うようにしましょう!

是非活用してみてくださいね!

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です