【30代女性の外資系転職】知らなきゃ後悔する!メリット&デメリット

転職 女性 30代 外資

転職で30代の女性に外資系の企業は人気があります。

「語学を活かしたい。」
「収入をアップしたい。」
「キャリアアップしたい。」

など、外資系の企業に転職を検討する人の理由は様々ですよね。

でも実際、
30代女性にとって外資系企業に転職するとは、どうゆうことなのでしょうか?

そこで今回は、
外資に転職を検討している30代女性の方に向けて、
外資系企業に転職するメリット・デメリットを一目でわかるようにまとめてみました!

いい面も悪い面もこれでバッチリ!
転職する前に一度確認してみてください!

スポンサーリンク

外資系企業に転職するメリット・デメリットを理解する!

日本人の大多数が勤めている日系企業。
そんな日系企業と企業文化、ビジネスルール、人付き合いなど、
全てがガラッと違う外資系企業

もちろん、良い面があれば悪い面もあります。
一通り理解した上で、ご自身に合うかどうか確かめてくださいね!

それではどうぞ!

外資系企業のメリットはコレだ!

まずは外資系企業に転職する際のメリットをまとめました。

1. 男女年齢関係なく実力主義の世界がある

なんと言っても一番のメリットはこれでしょう!
30代女性の方となると、今までに社会人生活で
いろいろと不満があったりするのではないでしょうか?

「お茶を入れるのは女性の仕事。」
「上司のパワハラ・セクハラが耐えられない。」
「いち早く出世していくのは男性。」
「大きな仕事は男性に任される。」

女性社員の方であれば、
思い当たるようなことが今までにあったのではないですか?

男女の格差が少なくなってきたとは言え、
まだまだ日本にはこのような企業文化の会社が多くあります。

一方、
外資系企業では、男女、年齢関係なく完全に実力世界です。

実力さえあれば女性であっても、
積極的に上の役職を狙っていくことが可能です。

「寿退社なんて考えていない!」
「結婚しても、子どもを産んでも、自分のキャリアは積み上げていきたい!」

こういう方には外資系企業の風土があっているかもしれませんね!

 

2. ビジネスと割り切っている

「嫌な上司とこの先退職するまで一緒かぁ・・・」
日本の企業では、職場に苦手な上司がいたりしますよね!

外資系企業ではそんなことを気にする必要がありません。

上司と部下は上下関係にあるのではなく、
むしろ「パートナー」という意味合いが強いのです。

仕事をする上で協力し合う関係であるパートナーの関係性は、
それ以上でもそれ以下でもありません。

上司は部下に必要以上のことを口出しすることもありません。
そして、仕事とプライベートはきちんと区別されています。

良くも悪くも“ドライ”な空気感が、外資系企業にはあります。

ただ、社員同士の仲が悪いというわけではありません。
外資系企業の多くは、完全出来高の報酬制度です。

人に構っているヒマがあったら、
自分の仕事をするというスタンスだということです。

 

3. 生きる力が身につく

実力主義の外資系企業。
結果を残せない社員に対しては、当然のようにリストラが待っています。

外資系企業の社員は常に「首を切られる」ということと、
隣り合わせで働いているのです。

当然、外資系企業に転職する人たちは、
皆自分が首切りに合うと思って転職はしないでしょう。
しかし、実際にはリストラに合う社員の方も多くいるのです。

なので、どの社員の方も万が一に備えている人がほとんどです。
その備える一つの方法が副業です。

外資系企業で働く人たちは、
本業以外にも複数の収入を得ている方が多くいます。

株式投資、FX、不動産投資、著作権収入、起業など、
万が一に備えて、他の分野でも得意な収入源を持っていることが多いです。
中には、漫画家や自分の著書を出版している方もいます。

外資系企業のほとんどは副業を禁止としていません。
仕事で結果を残しさえすれば、
その他のプライベートな時間は本人の自由です。

ですので、
多くの社員の方は良い意味で本業に頼りきっていません。
万が一に備えたスキルを持っているのが、
外資系企業のビジネスパーソンの特徴です。

企業が必ず、将来に渡って存続し続けるとは決まっていません!
JALの破綻を誰が予想していたでしょうか?
日本の製造業を支えてきたシャープや東芝の業績が、
ここまで悪化するとは、誰が予想していたでしょうか?

どんな大企業でも、数年後の姿は誰も予想することができません。
そういう意味では、
一つの企業を頼りきる日本企業の勤め方よりも、
外資系企業のようにフレキシブルに自分自身で考え、
行動できる方が良かったりするのではないでしょうか?

 

外資系のデメリットはコレ・・・

ここまでは外資系企業のメリットをご紹介してきました!

能力主義の完全出来高の報酬制度が多い外資系企業。

給料は成果に伴ってどんどん増えるので、青天井
日系企業と違い、オンオフのメリハリを大事にする外資系では、
休暇バッチリ取得!丸1ヶ月休みなんてこともOK!

そんなイイこと尽くしの外資系企業にも、デメリットが・・・
それではこちらをご覧ください!

 

1. 安定収入はない・・・

完全成果主義という実力が認められる世界である反面、
安定収入は期待できません。

外資系企業では、実力のある人にとっては、
夢のような報酬体系ですが、
実力のない人には息苦しい環境です。

30代からの外資系企業への転職。
おそらく30代ともなると、現職では管理職を任され、
給料もそれなりに上がっている方が多いのではないでしょうか?

30代からの外資系企業への転職とは、
それらを全て捨て、新たにイチからスタートすることを意味します

収入が大きく下がる可能性もあるのが、
外資系企業への転職です。

 

2. 日本企業の常識が通じない・・・

当たり前と言えば当たり前なのですが、
日本企業での常識が通じない場面が多々あります

例えばメール。
日本で言えば、
「〜のご確認宜しくお願いします。」とメールを送ると、
その内容を確認した上で、
なんらかの反応が先方から返ってくることを期待します。
しかし外資系企業では違います。

外資系ではメールを確認して、それで終了です。
メールの内容を確認した後に、
なんらかの反応が欲しいのであれば、
その旨もきちんと記載しなければなりません。

言ったこと以上のことは、相手に期待してはいけない・・・
日本では考えられないですよね。

それと会議での立ち振る舞いも重要です。
日本では、打ち合わせや会議で何も発言しなくても、
頷いてさえいれば会議が終わっていたりするものです。
しかし外資系ではそれが許されません。

打ち合わせや会議で発言のしない人は、
存在価値がゼロと見なされます。
「なんで発言をしない!」と怒られることも。
外資系では内気な人はNGです!

実力主義の世界。
自分の存在価値を出して、初めて仕事をしたと認められる世界なんです。

 

3. 毎日がリストラと隣り合わせ・・・

日本企業との大きな違いはやっぱりこれでしょう!
外資系企業はいつ首を切られてもおかしくない!

完全実力主義の世界なので、結果を残せない者は去るしかありません。
よく外資系企業では、『 Up or Out』と言われます。
ようは、生き残って上に上がる(大きな報酬を得る)か、
それができない者は会社を去るしかないのです。

加えて、
どんなに結果を残している者でも、
会社を去らなければならない時もあります。

それは、その勤め先の外資系企業の日本撤退です。
外資系企業は市場として“おいしくない”と判断すれば、
あっという間に日本を去っていきます。

一昔前、
カルフール』という外資系のスーパーマーケットが日本に進出してきました。

でもその数年後、
あっという間に日本を去っていったことを覚えていますか?

外資系はほんと見切りが早いですよ!

スポンサーリンク

最後に

外資系企業への転職のメリット・デメリットをご紹介しました。

記載したメリット・デメリットをしっかりと踏まえた上で、
30代女性の転職となると、今後のライフプランもきちんと考えるべきです。

結婚の時期はいつを考えているのか、
子育てはどう考えるのか、
子どもは何人欲しいのか、
次の子どもの出産予定はいつを考えているのか、
子どもの迎えはどうするのか、
ご主人の理解を得ることができるのか、
など。

女性の30代と言えば、人生の中でも
多くのライフイベントが起きる時期
だと思います。

仕事のことだけでなく、
プライベートの面もきちんと考えていきたいですね!

ご案内した通り、
基本的に外資系企業は実力主義の世界です。
僕が今までお会いした外資系への転職者で言うと、
キャリアウーマン志向タイプの方が多い印象です。

ただし、
外資系企業でも実力が伴っていれば、
理想のライフワークバランスを得ることも可能です。

それは日本企業よりも外資系企業の方が、
休暇をきちんと取る文化が根付いているからです。

チャレンジするもしないもあなた次第です!

あと、
最近では日本企業の中でも外資系の要素を
取り入れている企業も増えつつあります。

仕事ぶり・能力をきちんと評価してくれる
企業もありますよ!

外資系のような企業文化のある日本企業を探すのも
転職方法の一つかもしれないですね。

転職活動では、
なかなか自分にあった企業を探しきれないものです。
そんなときは、転職エージェントに相談することをおすすめします!
きっと力になってくれるはずですよ!

ご案内した内容を是非参考にしてみてください!
自分にあった企業の内定を勝ち取りましょー!

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です