【子持ち女性だからこそ!転職活動のコツ】30代女性が心掛けるべき3つのポイント

転職 女性 30代 子持ち

働きたいママのみなさん!女性の転職、30代、子持ちじゃムリかな・・・

なんて諦めたりしていませんか!?
全く転職ができないというわけでもないですよ!

僕もCDA(キャリアデベロップメントアソシエイション)の資格を活用し、
転職希望の子持ちの30代女性の相談を受けることも多くありますが、
皆さんきちんと就職されていきます!

子持ち30代女性の転職は難しいと誰も言っていません。
あなたが勝手に思っているだけです!

ちょっとした心がけと考え方で、
きっと良い会社と巡り合うことができますよ!

今回は、僕が普段子持ちの30代女性の方が転職する際に、
お伝えしていることをまとめてみました!

これであなたも大丈夫!

スポンサーリンク

子持ち30代女性の転職で心がけたい3つのポイント!

僕が普段、子どものいらっしゃる30代女性の方に
キャリアカウンセリングをする際、
必ずお伝えすることを3つご紹介します。

心がけ一つで転職活動をうまくいくはずです!

 

その一 転職先で絶対に譲ってはいけない条件がある!

子持ち30代女性の方が転職するにあたって、
絶対に譲ってはいけない条件があると考えています。

それは、
『産休・育休を取得した女性社員がいること。』

この条件だけは絶対に確認すべきだと、
僕はいつもお伝えしています。
これについては、まず社内の社風を知るという意味でもとても重要です。

産休・育休を取得した実績がない企業は、仮に内定となり入社できたとしても、
必ずあなた自身が苦労することになります!

次に子どもが生まれたとき、また就職活動をしたいですか?

そもそも産休・育休の制度が取得されていない企業が、
子持ちのママに働きやすい環境だと思われますか?

こういう会社が子どもの急な発熱などで、
気持ちよく有給休暇を取らせてくれると思いますか?

『産休・育休』制度のことについては必ず確認しましょう!
合わせて、普段の残業状況についても確認できるといいですね!
ママは早めに帰宅する方が子どももきっと嬉しいはずですよ!

 

その二 30代という年齢だけで転職にネガティブなイメージを持たない!

30代での転職・・・
しかも子持ち・・・
もうムリ・・・

このようなことを気にしていたりしていませんか?
気にしているのだとすれば、気にしているのあなただけです!
企業はそのような肩書きは全く気にしていません。

企業知りたいのは、
『あなたにどのような経験・スキルがあるのか?』
ということです!

例えば考えてみてください!

横浜ディーエヌエーベイスターズでお馴染みの株式会社DeNA。
その創業者南場智子さんと、

25歳社会人3年目花子さん(仮名)。
あなたが企業の社長ならどちらの人材を採用したいですか!?

もちろんDeNAの南場さんですよね!
(例が極端ですいません。。)

そう!
企業は年齢などは全く気にしていません。
あなたが今までにどのような仕事を通して、
どのような経験を積んできたか。
また、どのようなスキルがあって、
うちの会社にどのように貢献してくれるのだろうか。

企業はこれらのことを見ています。

仮に!
年齢や子どもがいるいないを気にするような企業があるのだとしたら、
そんな企業で働きたいとお思いですか?
そんなちっぽけなことを言う会社は捨てて、次の選考に進みましょう!

必ず、あなたにピッタリな会社があるはずです!

 

その三 どうしても・・・どうしても仕事が見つからないとき!

どんなに頑張っても、どんなに選考に進んでも、
転職先が見つからないときもあります。

そんな時は思い切って在宅勤務という道を選びませんか!?

インターネットがこんなにも普及した今の時代、
ネットを通してできる仕事がたくさんあります!

例えば、
ネット通販、Webライティング、ホームページ制作、Webデザインなど。

ホームページ制作やデザインは知識のインプットが必要になってきますが、
ネット通販やWebライティングは今すぐにでもやろうと思えばできますよ!

今後の子育てと家庭の両立を考えると、
一念発起でホームページ制作やWebデザインの勉強をするのも
いいかもしれませんね!
思っている以上に難しくないですよ!
書店でもたくさん本が売っているので、誰でもできます!

チャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

子持ち30代女性の方が転職する際、
心がけておいてほしいことをご紹介しました。

少しぐらい仕事が決まらなくても、
決してあきらめないでくださいね!

諦めたらそこで試合終了ですよ!

あと、もし現職が長年勤めている会社ということであれば、
転職しないというのも一つの手です。

長年働いている会社の方が、あなたの家庭状況などを
理解してくれる傾向があります。

もしかしたら、
上司ときちんと話せば、今の勤務条件も変えてもらえるかもしれません。
退職してしまう前に、きちんと悩みを相談してみることが大切です。

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です